主婦でも借りれるキャッシング

契約金額以上の追加融資は増額申請がアイフルでも必要に

追加融資をお願いすることは特に借入をしていて不思議なことでもなんでもなく、多くの人ができるかぎり追加融資をするでしょう。アイフルでも追加融資を受け付けており、最初に借りたお金よりもさらに借入をするということを繰り返しています。

この追加融資というものが出来る範囲というものがあり、それはお金を借りるによって決められている範囲なのです。つまり借入枠というものが決められるのです。例えば最初に借入をした金額が10万円だとしても、借入枠としては30万円を設定されているということがあります。これはアイフルだといくら、他の会社だといくらというように、会社ごとに設定する借入枠は変わってきます。10万円を借り入れた状態では、残り20万円までは枠が残っています。ですから、後20万円までは追加融資をすることができるのです。5万円ずつ4回に分けてもいいですし、追加融資のやり方はそれぞれです。また返済をしていけば元金が減っていくので、その分借入枠が広がります。10万円お借り入れの内2万円の元金を減らせば、借入枠の使用量は8万円になり、残り22万円を借り入れできるというものです。

これはあまり馴染みのない人からすると理解しにくいかもしれませんが、そのうち慣れていくものです。ただし借入枠よりもたくさんのお金が必要だという人もいるでしょう。さらに借入枠以上のお金を貸して欲しいという場合は増額申請が必要になります。増額申請をして必ずしも枠が広がるわけではなく、収入はちゃんとあるか、信用があるかなどが見られて、基準に達した場合にのみ増額申請が認められることになります。アイフルでもそれは例外なく行われるので、簡単にお金を沢山借り入れできると思わないほうがいいでしょう。それに増額申請は通りにくいというので有名で、アイフルやその他の審査が緩いと言われているところでも増額申請からの追加融資をお願いするのはハードルが高いと思っておいたほうが無難です。

とは言えお金が必要であるならば、増額申請もすることはひとつの手段ですし、必要なお金を集めるためならばやらねばならないでしょう。ですので、やらないよりはチャレンジしてみることをおすすめします。

サラ金の一本化はどの消費者金融でもほとんどやっている

最近貸金業法に基づく借金の一本化というものが多く行われています。消費者金融のほとんど、そしてサラ金などでも行われています。昔は一本化なんてしてもらえるところはほとんどなかったのですが、今は大手を中心に商品の一つにしているところが多いです。どうして一本化をするようになったかというと、実は一本化することで個客を増やすことができると気づいたからなのです。

今まではサラ金がやっていた一本化でしたが、今では多重債務を少なくするために必要なことであると国も認め、貸金業者で行えるようになりました。そのため、今まではサラ金や闇金まがいがやっていたことを貸金業者が行うことができるようになり、お客さんにすることができるようになったわけです。今でもサラ金や闇金業者は行なっているのですが、一本化のお客さんが大手の消費者金融に取られたのは間違いありません。

とは言えなんでも受け入れているかというとそうではなく、一本化の時に何社も多重債務状態になっている人を受け入れることはしていないようです。多重債務状態になっている人を受け入れると、たとえ一本化をしたとしても、その人が支払いができずに逃げてしまう可能性もあるし、最悪の場合は自己破産をしてしまう可能性もあります。それを考えると、3社程度までしか借り入れをしていない人しか一本化を受け付けていないというような方針をとっているところが多いそうです。さらに怪しいサラ金から借りている人なども、弾かれてしまうと言われています。

それに一本化でも総量規制というのは受けるので、総量規制の年収3分の1以上になってしまう場合は一本化出来ないとされているのです。以外に色々と条件が厳しいので、未だに闇金や怪しいサラ金の方に流れていっている人も多いとされています。一本化というと便利で多重債務を逃れられそうな気がしますが、多重債務状態に陥っていると判断された場合は一本化すら出来ないので、相談窓口に言って債務整理をするところから始めないといけません。消費者金融の多くが行なっている一本化では万能ではないのです。

他社より高いわけではないが遅延損害金はバンクイックでも辛い

遅延損害金がどの程度かというのはあまり知らない人もいるかもしれませんが、遅延損害金というのはいくら位か頭に入れている方がいいというのは間違いありません。その方が返済を遅らせないという真理が働きますし、返済が仮に遅れた場合にもいくら位のお金が必要かが計算できるので、現状維持に戻しやすいといえるでしょう。

バンクイックなどの有名な業者であっても損害遅延金を支払うのは結構つらいものがあります。遅延損害金自体はそこまで高くないですし、むしろ改正貸金業法が施行される前の金利のほうがよっぽど高かったのですが、問題は一般の金利に加えてこの遅延損害金のお金も一緒に支払わないといけないという点です。この遅延損害金のお金を一緒に支払わない限りは、返済を受け付けないという方針をとっているのです。これは別にバンクイックだけに限ったことではなく、多くのATMを利用して借り入れや返済を行なっているカードローン会社はすべて同じだと思っていいでしょう。となるとだいたい金利の倍くらいのお金を払わないといけなくなるのです。倍の金利は結構きついですから返済が遅れないようにすべきでしょう。

そんなに高い遅延損害金を払いたくない、という場合はクレジットカードを利用するという手もあります。実は法律上クレジットカードとバンクイックなどのカードローンは全く違うものになっていて、クレジットカードのほうが低い遅延損害金が規定されているのです。ですから、同じ遅れるにしてもクレジットカードの方が支払う額は少なくなるというわけです。とは言え遅れてしまえばそれだけ大きなペナルティになりますし、金利に加えて遅延損害金を払うのはカードローンもクレジットカードも両方痛いのは変わりありませんが。

結局は遅延損害金はある程度知っておいた方がいいに越したことはないのですが、究極的な話をしてしまえば遅れないというのが最も重要であるといえるでしょう。遅れてしまった時点でもう自分自身の負担が大きくなってしまうのです。バンクイックなどの大手は浪花節が通じないのでシステマチックにこちらも対応するようにしなければならないのです。

カードローンの選び方は自分の一番優先することから考えよう

正直、カードローンの選び方なんて人それぞれでどうしてそれをインターネットで聞いたりするんだろうと個人的には思うわけですけれども、インターネットで聞いてしまうのはどれがいいのか種類が多くてわからないということでしょう。しかし実際には種類が多くてわからないんではなく、自分のことがわかっていないのだと思います。就職活動ではどういった企業があるのかという分析をすることを業界分析というのですが、逆に自分自身を分析することを自己分析といい、両方が必要というわけです。おそらくカードローンの選び方がわからないという人は自分自身を分析することをしていないんじゃないかと思います。就職活動と一緒で、自分自身の分析を行わなければ、どのカードローンがピッタリ来るかなどわかるわけがないのです。

例えばまずは自分の職業は何かです。無職なら無職でも使えるカードローンを、学生なら学生も使えるもの、主婦なら主婦でも使えるものを選ぶべきです。この辺りはほとんどのカードローンで審査をしてもらえない事が多いので、選び方は自然と使えるものということになります。サラリーマンであればほとんどのカードローンの審査を受けられるので、さらに絞る必要があります。その時は自分がどういったことを一番に考えるのかが重要です。少しでも金利が安い方を優先するか、使い勝手がいいものを優先するか、信用を優先するかなどなどです。またクレジットカードについているキャッシングカードを使ってショッピングと支払いを一緒にしたいなど、いろいろな方法が考えられます。こういった状況や自分の優先するものが何かがわからない限り、どのカードローンがいいかというのは一般論でしか答えられず、結局自分自身にぴったり合うかどうかは別問題ということになります。

選び方がわからないという人はまずはカードローンの審査を受ける前に、自分自身の状況を分析して見ることから始めましょう。何を優先するのか、自分はどういう立場でどのくらいの収入があるのか、それを分析することで、自ずと選び方は限られてくるでしょう。

特別レディースローンなわけではないが女性に人気のモビット

レディースローンというものをご存知でしょうか。レディースローンというのはその名の通りで女の人向けの個人融資なんですけれども、貸金業者やその他の銀行系カードローンなどでも、女性にアピールするようになりつつあるのです。ある有名な消費者金融では女性をCMに使うことによって「この消費者金融はターゲットを女性にしているんですよ」ということをアピールしたりしています。実際にはレディースローンを持っていなかったとしても、イメージを良くするためにこういった宣伝方法を利用している会社は多いのです。

そんな中でも人気といえばやはりモビットでしょうか。モビットも実はレディースローンというのをうたっているわけではなく、男性と同じように利用できるわけですが、それでも女性人気が高いのです。なぜかといえばモビットのCMにおける知名度の高さがあると思います。他の貸金業者や銀行系カードローン以上にCMが流れており、いろいろな所で見かける広告も多いために知名度が高く、女性も利用していると言えるでしょう。

またパート・アルバイトでも借り入れしやすいというのも大きなポイントになっていると思います。パート・アルバイトだと貸金業者の中には嫌がって貸出をしない、審査を通さないというところもあります。場合によっては地元のサラ金や街金ですらも通さない場合もあります。女性はパート・アルバイトや派遣社員などの割合が多いですから、職業がなんであれ借入ができるという点にモビットの人気の秘密があるのかもしれません。

当然その後に他の業者に乗り換えるということがあってもおかしくはないのです。モビットを利用してみたけれども女性にとってはいまいちだったという人がいてもいいでしょう。しかしそういった人が少ないからこそモビットは今でも女性人気を維持しているといえるでしょう。離脱する人が多ければ、モビットがレディースローンとしてここまで人気になることは無いでしょうから。

モビット以外にも利用してみるのもいいと思いますが、やはり一度利用すると他は考えられないから、また戻ってくるのでしょうね。レディースローンは他にもあるのに、モビットは強いです。

サイトマップ