サラ金の一本化はどこでも最近はやっている

サラ金の一本化はどの消費者金融でもほとんどやっている

最近貸金業法に基づく借金の一本化というものが多く行われています。消費者金融のほとんど、そしてサラ金などでも行われています。昔は一本化なんてしてもらえるところはほとんどなかったのですが、今は大手を中心に商品の一つにしているところが多いです。どうして一本化をするようになったかというと、実は一本化することで個客を増やすことができると気づいたからなのです。

今まではサラ金がやっていた一本化でしたが、今では多重債務を少なくするために必要なことであると国も認め、貸金業者で行えるようになりました。そのため、今まではサラ金や闇金まがいがやっていたことを貸金業者が行うことができるようになり、お客さんにすることができるようになったわけです。今でもサラ金や闇金業者は行なっているのですが、一本化のお客さんが大手の消費者金融に取られたのは間違いありません。

とは言えなんでも受け入れているかというとそうではなく、一本化の時に何社も多重債務状態になっている人を受け入れることはしていないようです。多重債務状態になっている人を受け入れると、たとえ一本化をしたとしても、その人が支払いができずに逃げてしまう可能性もあるし、最悪の場合は自己破産をしてしまう可能性もあります。それを考えると、3社程度までしか借り入れをしていない人しか一本化を受け付けていないというような方針をとっているところが多いそうです。さらに怪しいサラ金から借りている人なども、弾かれてしまうと言われています。

それに一本化でも総量規制というのは受けるので、総量規制の年収3分の1以上になってしまう場合は一本化出来ないとされているのです。以外に色々と条件が厳しいので、未だに闇金や怪しいサラ金の方に流れていっている人も多いとされています。一本化というと便利で多重債務を逃れられそうな気がしますが、多重債務状態に陥っていると判断された場合は一本化すら出来ないので、相談窓口に言って債務整理をするところから始めないといけません。消費者金融の多くが行なっている一本化では万能ではないのです。