カードローンの選び方は自己分析が必須だ

カードローンの選び方は自分の一番優先することから考えよう

正直、カードローンの選び方なんて人それぞれでどうしてそれをインターネットで聞いたりするんだろうと個人的には思うわけですけれども、インターネットで聞いてしまうのはどれがいいのか種類が多くてわからないということでしょう。しかし実際には種類が多くてわからないんではなく、自分のことがわかっていないのだと思います。就職活動ではどういった企業があるのかという分析をすることを業界分析というのですが、逆に自分自身を分析することを自己分析といい、両方が必要というわけです。おそらくカードローンの選び方がわからないという人は自分自身を分析することをしていないんじゃないかと思います。就職活動と一緒で、自分自身の分析を行わなければ、どのカードローンがピッタリ来るかなどわかるわけがないのです。

例えばまずは自分の職業は何かです。無職なら無職でも使えるカードローンを、学生なら学生も使えるもの、主婦なら主婦でも使えるものを選ぶべきです。この辺りはほとんどのカードローンで審査をしてもらえない事が多いので、選び方は自然と使えるものということになります。サラリーマンであればほとんどのカードローンの審査を受けられるので、さらに絞る必要があります。その時は自分がどういったことを一番に考えるのかが重要です。少しでも金利が安い方を優先するか、使い勝手がいいものを優先するか、信用を優先するかなどなどです。またクレジットカードについているキャッシングカードを使ってショッピングと支払いを一緒にしたいなど、いろいろな方法が考えられます。こういった状況や自分の優先するものが何かがわからない限り、どのカードローンがいいかというのは一般論でしか答えられず、結局自分自身にぴったり合うかどうかは別問題ということになります。

選び方がわからないという人はまずはカードローンの審査を受ける前に、自分自身の状況を分析して見ることから始めましょう。何を優先するのか、自分はどういう立場でどのくらいの収入があるのか、それを分析することで、自ずと選び方は限られてくるでしょう。